投稿アプリケーション METRO SEE THROUGH (メトロシースルー)

アプリケーション名
METRO SEE THROUGH (メトロシースルー)
アプリケーション制作者
QOLPウエブアプリチーム
スクリーンショット
Big thumb 20141117023442414
Big thumb 20141115140757140
Big thumb 20141112171948809
Big thumb 20141116164408197
Big thumb 20141115235758505
アプリケーション紹介動画(youtube)
アプリケーションの説明

メトロの上に街がある

地面の下では東京メトロの列車が縦横無尽に走っていて、東京メトロを降りて地上に出ればいろいろな建物や自然があります。でも、地上から列車は見えないし、地下鉄に乗っていると地上は見えません。このアプリで「地面をシースルー(透視)するように東京の街の広がりを感じ、新しい発見や会話をしてもらえたら」と、考えました。広く見渡すPCブラウザ版と持ち歩き用のAndroidスマホ版を用意し、Google Maps とマッシュアップしています。

以下の3つの機能で、予習と実践を!

1.全メトロビュー

東京の街の下を列車が実際にどのように走っているかを、万華鏡のように見るビューです。地図上に全路線図を表示し、最新のロケーション情報から、全列車の位置アイコンを点滅させます。(位置は自動更新。駅間の場合は進行方向も表示します。)
列車を選んで、位置変化も追跡可能です。始発頃のビューがオススメです。

2.地上ビュー

各路線の地上紹介ビューです。路線を選んでスタートさせると、街の立体画像の上を、列車アイコンが発車音と共に走り出し、実際に列車に乗って居ては見えない地上の様子を披露します。PC版では、進行に合わせて沿線スポットの吹き出し(独自API)も表示します。
東京メトロは「目的地に行く手段」であるだけでなく「東京の街の探索」ができるのです。

3.出入口検索(スマホ版のみ追加機能)

2つのビューで新しい興味がわいたところで、早速乗ってみましょう! 乗ったり降りたりに便利な出入口検索です。
地上にいて地下鉄入口を探す「近くの東京メトロ駅を探す(GPS連動)」と、地下にいて出口の地上地図を確認する「駅別の出入口を見る」の2モードがあります。

*実行環境

PC : 画面横幅1300pxに最適化。それ以下の場合も、右側の操作ボタンが見えるように移動すれば各機能利用可能。
Android :スマートフォンの画面サイズを想定。

アプリケーション公開URL