投稿アプリケーション

  • posted by: シロクマソフトプロジェクト
    En_app_rgb_wo_45

    東京の地下鉄の情報を閲覧するためのアプリを作成しました。

    東京メトロ路線図の閲覧、
    東京メトロ全駅の時刻表
    バリアフリー情報の閲覧が可能です。

  • posted by: Team Orirel
    Download_on_the_app_store_badge_us-uk_135x40

    「あれ、今どの駅だっけ?」
    スマホでの様々な行動や読書、電車で何かに集中してるそんな時に「はっ」とする。時にはもう目的の駅を過ぎている…。
    すきま時間を使い倒す人にこそ、そんな瞬間は多いのではないでしょうか。
    そんな人のための、もっとやりたいことに没頭できる、電車から「乗り過ごさない」ためのアプリです。

    メインターゲットは学生から社会人の若年層。
    男女問わず、スマートフォンの普及に伴い電車内のすきま時間はもはや単なる「すきま」ではなくなりました。
    彼ら彼女らにとってそこで何をするか、その選択肢は溢れています。
    そんな中で本当に望まれることはなにか。新たなコンテンツを無理に楽しんでもらうのではなく、
    むしろ、今の彼らの車内の楽しみをより円滑にしてあげることではないでしょうか。
    より今の時代に合った形での人々のインフラへ。
    このアプリは東京メトロAPIを使ってしかできないトレインホスピタリティを実現します。

    アプリ名はわかりやすさを重視し、サービスのコア価値と鉄道の「レール」を元にした「Orirel」(降りれる)です。
    内容はとてもシンプル。
    ユーザーが知らせて欲しい目的駅を登録すると、目的地1つ前の駅付近で気持ち良くお知らせが舞い込みます。
    東京メトロの駅・路線データとスマホの位置情報を用いたユーザーの現在地を特定する仕組みで、正確な通知を行います。

    デザインはメトロの各線のカラーを丁寧に表現。
    現在地の駅表示から、目的地の選択、各路線の駅を自由にスワイプで眺める時にも、常に各線の「色」を感じてもらえるUIです。
    東京メトロのキーメッセージ:”Color your days”をOrirelを通じてよりユーザーに感じてもらうことができます。

    東京五輪を目指して、今よりもさらに誰にとっても動きやすい、素敵な街へ。

    下車がもっと楽になる、好きなことをしながら、東京の色を感じられる。そんなうれしいアプリ、Orirelです。

  • <どんなアプリか>
    東京メトロ内でトイレに行きたい!という時に使うアプリです。
    スマートフォンを持っていて、実際にこれから東京メトロの駅を利用する人、もう駅にいる人がターゲットです。

    <トップ画面>
    トップ画面はバリアフリーボタンと急ぎボタン、それから路線名と駅名を選択する項目があります。

    <基本の流れ>
    路線名と駅名を選択すると、その駅に対応したトイレ情報が一覧で表示されます。
    そのトイレがどういった機能を持っているのかという情報は、目で見てすぐにわかるようにピクトグラムを採用しました。
    選択した路線では、トイレの詳細情報の他に、さらに、そのトイレまで行くのに何号車に乗っていると最短なのか、エスカレーターは何号車が近いかといった最寄車両がわかります。
    その下に、他の路線のトイレ情報をのせています。

    <ボタンの説明>
    バリアフリーボタンを押してから路線名と駅名を選択すると、バリアフリー対応のトイレが優先で表示されます。
    最寄車両にはエレベーター情報が表示され、円滑にトイレまで行けるようにサポートします。
    急ぎボタンを押すと、自分の位置情報からすぐに最寄りの駅を見つけだし、トイレを探すことができます。
    その際、バリアフリーボタンONOFFによって上記と同じ表示がなされます。

    <多言語対応>
    ユーザーがスマートフォンにて設定している言語を認識して、その言語に沿った表示がされます。
    https://docs.google.com/spreadsheets/d/1TReHPjppWIAp_FX8Dwd3v9wssjpJKD_N64JgOKEsPT8/edit?usp=sharing
    にて、簡単に言語の追加編集ができます。
    日本語の他、英語、中国語(繁体、簡体)、韓国語に対応しています。
    設定ページ(http://tokyometro.field-archive.com/toilet/?type=setup)にて、言語を変更することが可能です。

  • posted by: 池間 健仁
    Download_on_the_app_store_badge_us-uk_135x40

    ココメトロは、東京メトロの時刻表アプリです。

    次の発車時刻、到着予定時刻、乗り換え路線の発車予定時刻といった情報が
    一目で分かるようにしました。

    列車がダイヤ通りに動かない場合は、運行情報、前後の列車の位置といった情報がお役に立ちます。

    ココメトロは乗り換え案内のアプリではありません。
    目的地がいつも行く駅、一度行ったことのある駅など、
    乗るべき路線、乗り換える駅をすでに知っている人のためのアプリです。

    プラットホームの行先表示板の簡単さを手元で実現することを目指して、
    機能を絞り込み、起動してすぐに欲しい情報が得られる、そんなアプリを目指しました。

  • posted by: 小林 隆志

    東京メトロに乗っていて、座って寝てしまい、目が覚めたら、駅に停まっている。ここはどこだ?
    窓の外の風景ではどこの駅かわからず、混んでいてドアの上の画面も見えない。
    こんなドキドキにおさらば。
    「ココどこメトロ」は、乗っている列車をトラッキングし、今、どこにいるか、知ることが出来ます。
    (列車は手動で登録する必要があります。)

  • posted by: メトロヒーローズ
    Download_on_the_app_store_badge_us-uk_135x40

    メトロヒーロー METRO HERO

    ヒーローたちを操って、地下鉄に出現するモンスターを退治せよ!
    東京の平和はヒーローと君に委ねられたのだ!

    でもヒーローだからといって、特別扱いを望んではいけない。
    庶民派の彼らのこと、もちろん移動は地下鉄だ!
    そして交通費は(たぶん)自腹だ!

    モンスターを倒すごとに、ヒーローはどんどん成長する。
    レアなモンスターを倒せば、一気に成長するぞ!
    そして、実績を積んだヒーローには、すばらしい称号が与えられるのだ。
    ぜひヒーローランキングの上位を目指していただきたい。

    モンスターたちは神出鬼没だ。
    すぐに駆けつけないと、いなくなってしまうぞ?!
    レアなモンスターほど、すぐに逃げてしまうので、要注意だ!

    なお、ヒーローが乗り込む地下鉄の運行は、実際の東京メトロの運行情報に連動している。
    もちろん終電を逃すとその日のうちに帰れなくなるから、けっして寝過ごす事のないように。

    ヒーローは君と一緒にいると、成長力も二倍になる。
    ヒーローがモンスターを退治するときには、ぜひ実際に応援に駆けつけてやって欲しい。

    さあ、ヒーローと一緒に、今日も街の平和を守るのだ!

    ヒーローのみなさんのご紹介

    • メトロオッサンセブン
       北千住育ち。ビール好きの50歳

    • メトロボ
       東京を守るためM79星雲からやってきた(と言っている)

    • メイドさん
       メイドシティから来たらしい。年齢ないしょ。性別ないしょ。

  • posted by: 株式会社AOBO
    Download_on_the_app_store_badge_us-uk_135x40

    東京メトロの各駅の位置情報、駅情報(時刻表、出入口)を簡単に確認できるアプリです。

    特徴:
    1、最新の運行情報を確認することができます。
    2、各駅の位置、出入口の場所を直接にマップに表示しています。
    3、各駅の時刻表をチェック、ブックマークすることができます。
    4、全国の駅のデータがアプリに同梱されて、乗り換え情報も確認できます。

    注意:
    1)このアプリはルート案内機能を持っていないが、Appleマップ、又はGoogle マップと連携することが出来ます。
    2)全部機能を利用するために、デバイスの位置情報サービスを有効する必要があります。
    3)インターネット環境は必要です。

  • posted by: Teamメトロナウ

     インターネット上のさまざまな情報をどこでも容易に得られることは、電車の中でスマートフォンを利用されるお客様を多く目にすることからも実感できます。
    電車を利用するお客様は訪れる場所の情報を探すとき、公式に編集された情報だけでなく、第三者の実体験に基づくクチコミ情報も、信頼度の高い「活きた情報」としてSNSや掲示板上で積極的に活用しています。
     この「お客様の活きた声」は、メトロにとって東京を走らせる力をより強くする貴重な資源です。
    その情報と、532.6kmにわたる東京メトロの鉄道ネットワークのシナジー効果で、お客様が東京メトロを利用する機会を創出します。
    それが沿線と地域社会の活性化を促し「まちづくり」に貢献するようなソフトの実現を目指しました。
     私たちの「メトロナウ」は、メトロの電車や駅を利用したときの「うれしい」ことを、駅や電車に対して発信・共有できます。駅には魅力的な情報が集積され、車両には書き込む行為で愛着をわかせます。さまざまな交通機関が駅と駅を結ぶなかで、魅力ある駅と車両でメトロを選択して移動したいという気持ちを呼び起こさせます。
     またさまざまな列車とその位置を、地理情報システムを利用してリアルタイムに提供します。
    ライブ感あふれる情報によって、東京メトロとそこに集う人々の「いま」を俯瞰して見る楽しさを提供し、東京メトロを利用した人の動きを促します。
    このソフトによって、お客様は東京メトロを介した「うれしい体験」の共有を通じて豊かなひとときを過ごせ、沿線の街は駅を起点にしたさらなる活気を得られます。
    将来は、アートやグルメなどと車両をひもづけたり、外国人旅行者との言葉を超えて情報をシェアすることも考えられます。
     私たちは社会全体に"うれしさの循環"を起こすことによって、東京メトロを中心とした「東京に集う人々の活き活きとした毎日」の実現に貢献いたします。

  • posted by: incomesoft.net
    Windowsstore_badge_en_english_black_small_154x40

    ★現在、WP8.1アプリの申請のアップロードができない状態です。こちらは間に合わない可能性があります。その場合はエントリから外して下さい。

    Subway Big Info WP (Windows Phone 版)
    Windows ユニバーサルアプリ対応 (Subway Big InfoがWindows アプリ版)

  • 別途提供している「メトロ情報共有サイト」の修正対応エンドポイントAPI版です。一部表示に不具合が出る可能性がありますが、機能は同じです。

    修正対応エンドポイントAPI版は、メニューからではなく、直接路線ごとのURLを指定してページを開きます。現状は東西線のみ提供しています。

    説明動画は「メトロ情報共有サイト」と同じ動画です。

  • posted by: Citymapper

    Citymapperはロンドン発の乗換案内アプリです。現在ロンドン、パリ、ニューヨークなどヨーロッパ各国とアメリカのいくつかの都市に対応しています。スマートフォンやオープンデータによって複雑な都市を簡素化し、人々がより便利に生活できるようにするのが我々の使命です。

    東京は全世界で最も大きく、複雑な都市です。東京の公共通行は特に複雑で、多くの人が毎日道に迷っています。Citymapperが東京メトロのオープンデータ活用コンテストに応募している理由は、東京の人々を少しでも助けたいからです。

    CitymapperはデザインとUXを重視します。アプリの主な機能は以下のとおりです。

    − 東京のAからBまでのメトロ・徒歩ルート案内を表示します。ルート結果はCitymapperが独自開発したアルゴリズムによって計算されます。自転車とタクシーのルートもベータ版で表示します。

    − 自宅、職場、他の場所の住所を設定し、1タップでその場所にどこからでも案内します。

    − 電車の出発時間、行き先、種別、または路線の運行情報、遅延などをリアルタイムで表示します。各路線のツイッターアカウントからの最新アップデートも運行情報と共に表示します。

    – よく利用するルートと駅をお気に入りに登録できます。登録すると、いつでも簡単に情報やルート案内を取得できます。

    − アプリからメールやSMSで友達に待ち合わせ場所を送信できます。送信できる待ち合わせ場所情報には、地図とルート案内が含まれています。

    − アプリは日英両言語で使えます。(アプリの表示言語は電話の言語設定と自動的に一致します。)駅や路線の名前はいつでも日英両言語で表示されます。行きたい場所も両言語で検索できます。そのため、日本人も外国人の観光客もアプリが使えます。(アプリを今ダウンロードすると、日本語は駅と路線の名前にしか表示されません。アプリ全体で日本語を表示するには、今週の金曜日、11月21日にアップデートしてください。)

    − アプリには様々な「驚き」があります。:)

    Citymapperはこのコンテストを通して、東京の複雑さについて様々な発見をしました。新しいアイデアもたくさん出てきたので、アプリを徐々に改善していきたいと思います。将来的により多くのデータが利用可能となることを期待しています。私達の目標は、東京の人々にとって最も便利で、役立つ乗換案内アプリを作ることです。

  • posted by: KOSMEtro

    MetroLifeは、東京メトロを利用するお客様の不満の増加を予測し、大きな不満、及びそれに起因するトラブルの発生の防止を強力にサポートするアプリです。

    東京メトロを利用するお客様は、スマートフォン、タブレット端末でMetroLifeを起動し、車内の気温、混雑度、騒音、臭いなどの設定された項目につてYes/No、及びテキストで回答します。
    お客様の回答データをデータベースに収集し、お客様が車内でどのような不満を抱いているかを、リアルタイムで把握し、リアルタイムでの不満解消をサポートします。
    また、回答データをビッグデータとしてデータベースに集め、収集したデータをグラフとして可視化、クレーム、及び不満に起因するトラブルの前兆を把握することで、それらの発生の防止を実現します。

    Apache Storm, ElasticSearch, Kibanaを連携した最先端リアルタイムデータ処理とYahooキーワード抽出APIを用いたデータ分析。

  • posted by: Tri-project
    En_app_rgb_wo_45

    MEeTRO -今度は電車で待ち合わせ-

    MEeTROでの待ち合わせ

    東京メトロの電車車両内での待ち合わせをするためのアプリです。
    「部屋」と呼ばれる待ち合わせ場所を作成し、相手に共有するだけ。

    部屋を作る

    乗車駅、目的駅、時間、車両を選択して部屋を作成するだけ!
    生成された部屋URLをメールやLINEで相手に共有すれば完了。

    部屋に参加する

    部屋URLを起動して、自分が乗る駅を選ぶだけ!
    あなたが乗るべき時間と車両が提示されます。

    待ち合わせに遅れそう!

    部屋に入って「遅れます通知を送る」ボタンを押すだけ!
    部屋参加者に遅れる通知が飛びます。

    ※丸ノ内線分岐線は未対応

  • posted by: 伊藤昌毅
    Download_on_the_app_store_badge_us-uk_135x40

    飛び乗った地下鉄の中で、急に「この電車はどこに何時に着くだろう」と調べたくなったことはありませんか?このアプリケーションは、そんなあなたが必要な情報を全て教えてくれる専属の車掌です。GPSが使えない地下鉄の中でも、iPhoneの位置情報機能や様々なセンサーを組み合わせて、自動的に乗車中の地下鉄を認識します。これを見れば、この先の駅や到着時間が一目瞭然です。時刻をタッチすれば、到着を知らせるメッセージも簡単に送ることもできます。

    このアプリは、東京メトロオープンデータ活用コンテストの応募作品です。また、東京大学 生産技術研究所 瀬崎研究室での研究の一環として開発しています。このアプリケーションは、利用するセンサーの関係でiPhone6、iPhone6 Plus 以降にのみ対応します。

    *地下鉄電車の識別方法について

    地下鉄の車内では、GPSが使えないため通常の方法では正確な位置が分かりません。このアプリケーションは、そんな場合にどうすれば位置や乗車している電車を特定できるかという研究の一環として開発しています。位置情報だけでなく、iPhone 6から新しく備えられた万歩計センサーと気圧計センサーを併せて利用し、東京メトロにより公開された時刻表データと照合することで正確な位置や電車の特定を目指しています。

    推定した電車情報の下には「はい」「いいえ」というボタンがあります。今後より認識精度を高めるために、このアプリケーションの推定結果が正しかったか間違っていたか、ぜひ教えてください。

  • posted by: John Metro Project

    John Metro アプリケーション紹介

    John Metroとは?

    John Metroは、駅構内のトイレ情報に特化したウェブアプリである。トイレを侮ってはいけない。人間にとって排泄という行為は、生理現象であり死活問題であるからだ。地下鉄の車内のように、密室かつトイレの無い空間では尚更だ。

    以下のようなシチュエーションを考えよう。電車の中で突然お腹が痛くなって、今すぐトイレに駆け込みたい。しかし次の停車駅は降りたことのない駅で、トイレの場所が分からない!誰しも一度はこのような経験をしたことがあるのではないだろうか?(断言しよう、私はある!)

    その他に、子供と一緒に電車に乗っている時に子供が突然おしっこをしたいと言い出したり、赤ちゃんのオムツを交換するためにオムツ交換台付きトイレの場所が知りたかったりと、トイレに関する問題は尽きない。John Metroは、そんなトイレに悩める人々の助けになるべく誕生した。

    もちろんトイレ情報を閲覧できるアプリなら他にもある。しかしそのようなアプリは補佐的にトイレ情報を含んでいるに過ぎず、トイレに行きたい人の気持ちには立っていないし、トイレ以外の多くの情報を含んでいるため、トイレだけの情報を早く知りたい人にとっては扱い辛いものになっている。

    情報を極力排除し、画面遷移の回数を最小限にすることで、一刻も早くトイレ情報を知りたい人々へ迅速にトイレ情報をお届けする。さらにトイレ後のサポートや遊び心も忘れない。それがJohn Metroである。

    機能

    トイレ検索

    駅名を入力すると各路線の号車ごとの最寄りのトイレ情報が表示される。入力文字は日本語とローマ字にも対応し、外国人にも優しい。トイレのバリアフリー情報や構内図も確認可能。

    トイレ評価

    利用したトイレをワンクリック評価。コメント(らくがき)機能で情報共有も可能。トイレ選びの指標にどうぞ。

    簡易時刻表

    直近の電車出発時刻を確認できる。これでトイレ後の乗車もスムーズ。

    おまけ

    なぜアプリ名に"John"という単語を含んでいるのか?Johnは俗語で、トイレという意味を持つのである。