投稿アプリケーション

  • posted by: KOSMEtro

    MetroLifeは、東京メトロを利用するお客様の不満の増加を予測し、大きな不満、及びそれに起因するトラブルの発生の防止を強力にサポートするアプリです。

    東京メトロを利用するお客様は、スマートフォン、タブレット端末でMetroLifeを起動し、車内の気温、混雑度、騒音、臭いなどの設定された項目につてYes/No、及びテキストで回答します。
    お客様の回答データをデータベースに収集し、お客様が車内でどのような不満を抱いているかを、リアルタイムで把握し、リアルタイムでの不満解消をサポートします。
    また、回答データをビッグデータとしてデータベースに集め、収集したデータをグラフとして可視化、クレーム、及び不満に起因するトラブルの前兆を把握することで、それらの発生の防止を実現します。

    Apache Storm, ElasticSearch, Kibanaを連携した最先端リアルタイムデータ処理とYahooキーワード抽出APIを用いたデータ分析。

  • posted by: <a>Tokyo</a>(エーカイ)

    地下鉄に乗って移動しているときに、「いま地上のどのあたりを走っているんだろう?」と疑問に思ったことはありませんか?「メトロの車窓から」は、そんな疑問を解消してくれるアプリです。

    機能はいたってシンプル。スタート画面で操作モードを選びます。実際に東京メトロに乗るときは「位置情報から乗車駅を選ぶ」、そうでないときは「路線名から乗車駅を選ぶ」をタップしてください。

    「位置情報から乗車駅を選ぶ」をタップすると、現在地の近くにある駅の候補が表示されます。乗車駅と路線を絞り込み、最後に進行方向を選ぶと、「メトロの車窓から」があなたの頭上に広がっている風景をリアルタイムに映し出します。「メトロの車窓から」には、列車発着のタイミングを自動的に合わせてくれる機能(駅の停車時間は20秒で計算)が組み込まれているので、実際に窓の外を見ている気分を味わえますよ。

    「路線名から乗車駅を選ぶ」をタップすると、場所や時間に関係なく東京メトロの地上風景を楽しむことができます。路線から乗車駅を絞り込み、最後に進行方向を選んでください。

    「大好きなあの店のすぐ下に地下鉄が通っていたのか!」「え? あの路線はこの道路の下を走っていたの?」

    きっと、たくさんの発見に出会えるでしょう。

    「メトロの車窓から」を利用すれば、通勤や通学でおなじみのいつものルートも、ちょっと新鮮でワクワクする道のりに変わるかもしれません。 東京メトロの「車窓」をお楽しみください。

    応募資料一式

    専用Webサイトをご覧ください。 http://metoco.a-kai.net/data/

    PCで利用する際の注意

    • Internet Explorer 8には位置情報取得の機能がありません。いずれの操作モードを選んだ場合にも「路線名から乗車駅を選ぶ」モードでご利用いただくことになります。
    • Internet Explorer 9はクロスドメインによるアクセスに制約があるため、いずれの操作モードを選んだ場合にも「路線名から乗車駅を選ぶ」モードでご利用いただくことになります。

  • posted by: QOLPウエブアプリチーム

    メトロの上に街がある

    地面の下では東京メトロの列車が縦横無尽に走っていて、東京メトロを降りて地上に出ればいろいろな建物や自然があります。でも、地上から列車は見えないし、地下鉄に乗っていると地上は見えません。このアプリで「地面をシースルー(透視)するように東京の街の広がりを感じ、新しい発見や会話をしてもらえたら」と、考えました。広く見渡すPCブラウザ版と持ち歩き用のAndroidスマホ版を用意し、Google Maps とマッシュアップしています。

    以下の3つの機能で、予習と実践を!

    1.全メトロビュー

    東京の街の下を列車が実際にどのように走っているかを、万華鏡のように見るビューです。地図上に全路線図を表示し、最新のロケーション情報から、全列車の位置アイコンを点滅させます。(位置は自動更新。駅間の場合は進行方向も表示します。)
    列車を選んで、位置変化も追跡可能です。始発頃のビューがオススメです。

    2.地上ビュー

    各路線の地上紹介ビューです。路線を選んでスタートさせると、街の立体画像の上を、列車アイコンが発車音と共に走り出し、実際に列車に乗って居ては見えない地上の様子を披露します。PC版では、進行に合わせて沿線スポットの吹き出し(独自API)も表示します。
    東京メトロは「目的地に行く手段」であるだけでなく「東京の街の探索」ができるのです。

    3.出入口検索(スマホ版のみ追加機能)

    2つのビューで新しい興味がわいたところで、早速乗ってみましょう! 乗ったり降りたりに便利な出入口検索です。
    地上にいて地下鉄入口を探す「近くの東京メトロ駅を探す(GPS連動)」と、地下にいて出口の地上地図を確認する「駅別の出入口を見る」の2モードがあります。

    *実行環境

    PC : 画面横幅1300pxに最適化。それ以下の場合も、右側の操作ボタンが見えるように移動すれば各機能利用可能。
    Android :スマートフォンの画面サイズを想定。

  • posted by: incomesoft.net
    Windowsstore_badge_en_english_black_small_154x40

    Subway Big Info Universal

    (アプリの機能)
    ①大きな文字表示機能
    ②東京メトロの運行状況をタイムリーに確認する機能
    ③東京メトロの全路線の駅情報を確認する機能
    ④Azure WebSiteとの連携機能
    ⑤ユニバーサルアプリ対応

    (概要)
    私はよくない小さい文字が好きではない。
    なので、大きな文字で東京メトロのオープンデータ情報を表示してみた。

    駅の順番が気になっても、列車内の路線図のあるところまでいけない場合もある。
    全路線の駅が確認できるので安心だ。

    運行状況も確認できる。

    ユニバーサルアプリだけでは物足りないので、Azure Websサイトと連動させた。
    これにより、googleを真似して、自分のWebサイト側を日替わりで壁紙を変えたりできる。

    (使い方と解説)
    ・Infomataion ボタンで運行状況を確認
    ・Clear ボタンで運行状況を消す。
    ・運行状況は保存しない。

    ・各路線ボタンをタップ後、表示画面内のボタンを押して駅を確認する。
    ・内側画面は拡大が可能

    ・インターネットに接続して、東京メトロオーブンデータが得られる状態でのみ情報が表示できま

    す。

    (その他)

    オープンデータ活用コンテスト - 東京メトロ 10th anniversary
    http://tokyometro10th.jp/future/opendata/
    にエントリ予定のアプリです。

    現在、Widnows Phone アプリ側を作成・テスト完了。
    しかし、アップデートが今しばらくお待ちください。

    http://incomesoftdotnet.blogspot.jp/2014/11/subway-big-info-universal.html

    (画像解説)
    東京メトロで遅延がないか確認し、スカイツリーの路線を確認した。

  • posted by: 奥田 幸男

    Tokyo Metro Watcher(TMW)

    概要

    • 模型の列車がジオラマ線路を走るように、ブラウザーに描かれた地下鉄に電車を走らせるアプリです。

    • 1分間隔の列車位置データ公開に触発され、スクラッチから開発しました。まだ、スケルトンですが、1日3000本近い電車を運行する東京メトロの凄さを感じる事ができます。データ公開中はさらに機能拡張を予定しています。

    機能

    • 公開データに基づき描かれた「路線」、「駅」の上に矩形の「電車」が表示され、実速又は高速で電車は線路を走り、カーブで向きを変えます。次の5運行モードを選択できます:
      • 現在:現在から1分おきに表示された電車は、ゆっくりと実速で移動します;
      • 今日:本日の始発から現在までの、指定された開始/終了時間(10分間隔)を指定されたスピードで移動します;
      • 平日、土曜日、休日:各々始発から終電までの、指定された開始/終了時間(10分間隔)を指定されたスピードで移動します。
    • ボタン・クリックにより、電車は移動を停止、再開します;
    • マウスで選択された「路線」、「駅」は名称を表示し、「電車」は、行き先/遅延時間/車種/終着駅/列車番号を表示します;
    • ブラウザー本体の操作法により、パン/ズームします。

    サーバー

    • TMWサーバーは、次のように東京メトロ・サーバーへのアクセスを最小にします:
      • 路線、駅情報はTMWサーバー起動時に1回アクセスします;
      • 電車位置情報は、TMWサーバーが60秒おきに1回アクセスします;
      • ブラウザーは、TMWサーバーにアクセスするだけで、東京メトロ・サーバーへはアクセスしません。

    ブラウザー

    • Firefoxでは問題なく、Chrome/Safari/Operaではズーム/パンで電車が一瞬遅れて表示されます。
    • MS-IEでは、SVG-SMILを実現していないため電車は表示されません。
    • プラット・フォームの制限はブラウザーが動く事だけですが、CPU/グラッフィク/RAM/回線速度等により動くスピードは制限されます。尚、iPhone6-64Gが、60倍スピードで表示しています。

  • posted by: シロクマソフト
    Download_on_the_app_store_badge_us-uk_135x40

    本アプリケーションは、 身近なメトロ、メトロと町をコンセプトで開発しました。
    画像を投稿して頂く事で、知らなかった駅を知って頂き、利用して頂く事を目標としています。

    *本アプリケーションの機能を利用するには、
    位置情報とiCloud Drive が有効になっている必要があります。

    ・位置情報
    設定→プライバシー→位置情報サービス→本アプリ名→このアプリの使用中のみ許可

    ・iCloud Drive
    設定→iCloud→iCloud Drive→オン

    【機能】
    ・地図上での画像の閲覧
    ・画像の投稿(カメラマークから投稿出来ます。)
    ・画像の評価(画像をタップ後、右下数字をタップ)
    ・最寄りのメトロ検索(画像をタップ後、右上、”最寄り駅”をタップ)
    ・イイねの上位5件を閲覧する。

    ぜひ電車を降りたら、投稿してみてください。

  • posted by: シーサー株式会社
    En_app_rgb_wo_45

    「東京メトロガイド」は、東京メトロ各駅の情報や列車運行情報などを調べることができるアプリです。

    本アプリには大きな機能として、駅情報の表示と列車運行情報の表示があります。
    まず駅情報の表示ですが、トップページから路線を選択、次画面で駅を選択することで、駅の地図、乗換可能な東京メトロの各路線、乗換可能な他社の路線が表示されます。
    また東京メトロの路線に限り、各路線の時刻表を表示することができます。時刻表の画面では左上の「平日」「土曜」「休日」を選択することで、各曜日に応じた駅時刻表に切り替えることができます。

    続いて列車運行情報の表示ですが、トップページ右上の「i」ボタンをタップすることで、現時点での列車運行情報を表示することができます。列車運行情報は15分以上の遅れが発生または見込まれる場合のみ、遅延などの情報として表示されます。

  • posted by: backflip

    概要

    東京メトロの各路線ごとに、各電車が現在おおよそどこにいるかを表示するアプリです。
    地下鉄へ乗るとき、乗り換え時など、どのタイミングでどの列車にのるかを視覚的に判断できます。

    説明

    アプリ左上のリストで選択した路線上の列車の状況を表示します。

    表示する情報

    • 列車のおおまかな現在位置(それぞれの駅か、2つの駅の間のどちらか)
    • 列車種別、行き先
    • 遅延(5分以上の場合、遅延X分と表示)

    対象バージョン

    • Android 4.1.2 以上

    動作確認済み端末

    • Nexus 5 (ver.4.4.4)
    • Softbank 201M (ver.4.1.2)

    今後

    元々は全路線が記載された地下鉄MAP上に運行情報を表示し、
    地下鉄の乗り換え時などにどの駅でどれに乗り換えるかを視覚的に検討したいという
    目的があります。
    将来的には全路線の同時表示に対応したいです。

    既知の問題

    • 丸ノ内線の支線と本線が混同して表示される問題があります

    備考

    万が一google playでのapkリリースが反映されていない場合、
    http://www.backflip270bb.com/metro/index.html
    こちらからapkダウンロードをお願いいたします。(varsion 1.1, versionCode:2)

  • データビジュアライゼション三点盛

    *APIのデータを元に、JSにて三つのデータビジュアライゼーションを作りました。
    *あんまり実用的にというよりは、見た目に楽しい形を提案したかったので、つかえるか的にはさほど考慮していませんが。。

    D3.js Geo "TokyoGeoZoom"

    *概要
    # SVGの23区ジオ空間上に路線geojsonを展開しました。

    # ハイライトされている◯◯(駅)→ 駅方向ごとの停止している駅(多分)
    
    # 空間クリック→ 各区の区切りでズームします。またはズームバック。
    
    # 各路線のホバー→ 暫くの間該当路線のみを表示します。
    
    # 右下ラジオボタン ug:poi 駅出口情報をざっくり表示するかしないか。
    
    また、固定環境での最適化版はこちらです node-webkit 版 for Mac OSXのみ(Mac/Chromium base)30.4MB

    http://www.samuraiworks.org/swTokyoMetro3.app.zip

    ※ セキュリティとプライバシーで「すべてのアプリケーションを許可」して下さい。

  • posted by: D Walk Creation Inc.

    TouristVoice(ツーリストボイス)
    ”東京メトロ版 ツーリスト向けクチコミ情報サイト”
    -English Version-

    <どんなサイト?>
    本サイトは東京メトロを利用する訪日ツーリスト向けクチコミ情報サイトです。
    ユーザーは駅周辺の店舗や場所のクチコミ情報を閲覧したり投稿することができます。

    <特徴>
    一般のガイドブックにないような訪日ツーリスト視点で書かれた店舗や場所についてのクチコミ情報を公開し、駅毎にまとめて閲覧できるサイトです。

    <機能>
    ユーザーは関心あるカテゴリ検索 (Food,Shopping,Place) または駅名検索から知りたいクチコミ情報を探し出すことができます。
    クチコミ投稿は本サイトのアカウントでも既に持っている facebookのアカウントでも行うことができます。

    <今後の展開>
    英語版からの公開スタートですが、今後はASEAN各国からの訪日ツーリスト向けにも母国語で読めて投稿できるクチコミ情報サイトとして展開します。

  • posted by: 石井章太郎
    Download_on_the_app_store_badge_us-uk_135x40

    ラッピング車両を走らせようは、写真でラッピングした車両を
    都内の路線上で走らせるアプリです

    主な機能
    1,オリジナル写真でラッピング車両がつくれる
    2,路線(現在東京メトロのみ)を変更できる
    3,現在の運行時間に合わせて運行ができる
    4,カメラアングルが変更できる
    5,好きなアングルで撮影ができる
    6,ARマーカーを使い、表示できる物をARで表示できる
    *近くまで拡大縮小できる
    *マーカーダウンロード先
    http://mytrainrun.blogspot.jp/2014/10/blog-post.html

  • posted by: 須山 明彦

    何々行きってどっちの方向?

    地方から来ると地名がわからずどっち行きに乗っていいか迷います。
    地図上で駅を選択してその両終点を表示すれば、直観的に
    乗る電車がわかるのではと考えました。
    ナビを使えば迷わないとは思いますが、ナビを使うほどでもなく
    とっさにどっち行きに乗る???って慌てることがあると思います。

    駅を選択するとその駅の行き先が道しるべのように表示される
    そんな単純なアプリです。

    マニュアルは、メニューの説明書を参照ください。

  • posted by: 伊藤昌毅
    Download_on_the_app_store_badge_us-uk_135x40

    飛び乗った地下鉄の中で、急に「この電車はどこに何時に着くだろう」と調べたくなったことはありませんか?このアプリケーションは、そんなあなたが必要な情報を全て教えてくれる専属の車掌です。GPSが使えない地下鉄の中でも、iPhoneの位置情報機能や様々なセンサーを組み合わせて、自動的に乗車中の地下鉄を認識します。これを見れば、この先の駅や到着時間が一目瞭然です。時刻をタッチすれば、到着を知らせるメッセージも簡単に送ることもできます。

    このアプリは、東京メトロオープンデータ活用コンテストの応募作品です。また、東京大学 生産技術研究所 瀬崎研究室での研究の一環として開発しています。このアプリケーションは、利用するセンサーの関係でiPhone6、iPhone6 Plus 以降にのみ対応します。

    *地下鉄電車の識別方法について

    地下鉄の車内では、GPSが使えないため通常の方法では正確な位置が分かりません。このアプリケーションは、そんな場合にどうすれば位置や乗車している電車を特定できるかという研究の一環として開発しています。位置情報だけでなく、iPhone 6から新しく備えられた万歩計センサーと気圧計センサーを併せて利用し、東京メトロにより公開された時刻表データと照合することで正確な位置や電車の特定を目指しています。

    推定した電車情報の下には「はい」「いいえ」というボタンがあります。今後より認識精度を高めるために、このアプリケーションの推定結果が正しかったか間違っていたか、ぜひ教えてください。

  • posted by: 友部隆史(チーム:SCB48)
    En_app_rgb_wo_45

    アプリを立ち上げて、ひっぱると運行情報を最新の状態に更新します。
    Google NowのようなUI、UXで迷うことなく、だれでも簡単に、スマートに運行情報がチェック出来ます。
    デザインもトレンドであるマテリアルデザインを意識して作成しました。

  • posted by: KEY Team

    tokyometro4j

    東京メトロAPIのJavaラッパーライブラリです。

    東京メトロオープンデータ活用コンテストで公開されたAPIをJavaから簡単に使うことができます。