投稿アプリケーション

  • posted by: John Metro Project

    John Metro アプリケーション紹介

    John Metroとは?

    John Metroは、駅構内のトイレ情報に特化したウェブアプリである。トイレを侮ってはいけない。人間にとって排泄という行為は、生理現象であり死活問題であるからだ。地下鉄の車内のように、密室かつトイレの無い空間では尚更だ。

    以下のようなシチュエーションを考えよう。電車の中で突然お腹が痛くなって、今すぐトイレに駆け込みたい。しかし次の停車駅は降りたことのない駅で、トイレの場所が分からない!誰しも一度はこのような経験をしたことがあるのではないだろうか?(断言しよう、私はある!)

    その他に、子供と一緒に電車に乗っている時に子供が突然おしっこをしたいと言い出したり、赤ちゃんのオムツを交換するためにオムツ交換台付きトイレの場所が知りたかったりと、トイレに関する問題は尽きない。John Metroは、そんなトイレに悩める人々の助けになるべく誕生した。

    もちろんトイレ情報を閲覧できるアプリなら他にもある。しかしそのようなアプリは補佐的にトイレ情報を含んでいるに過ぎず、トイレに行きたい人の気持ちには立っていないし、トイレ以外の多くの情報を含んでいるため、トイレだけの情報を早く知りたい人にとっては扱い辛いものになっている。

    情報を極力排除し、画面遷移の回数を最小限にすることで、一刻も早くトイレ情報を知りたい人々へ迅速にトイレ情報をお届けする。さらにトイレ後のサポートや遊び心も忘れない。それがJohn Metroである。

    機能

    トイレ検索

    駅名を入力すると各路線の号車ごとの最寄りのトイレ情報が表示される。入力文字は日本語とローマ字にも対応し、外国人にも優しい。トイレのバリアフリー情報や構内図も確認可能。

    トイレ評価

    利用したトイレをワンクリック評価。コメント(らくがき)機能で情報共有も可能。トイレ選びの指標にどうぞ。

    簡易時刻表

    直近の電車出発時刻を確認できる。これでトイレ後の乗車もスムーズ。

    おまけ

    なぜアプリ名に"John"という単語を含んでいるのか?Johnは俗語で、トイレという意味を持つのである。

  • posted by: 博報堂アイ・スタジオ
    En_app_rgb_wo_45

    ■アプリ概要
    『TOKYOTOKYO』は、東京での2020年オリンピック・パラリンピック開催に向け、海外人旅行者や東京で暮らす人々に新しい東京の体験を提供する、インスタレーションアプリです。

    ■アプリコンセプト・ミッション
    国際都市化が進む、首都東京。
    2020年には、オリンピック・パラリンピックの開催が決定しており、
    現状の予測では、東京メトロの乗降客数は爆発的に増えると言われております。

    『TOKYOTOKYO』のミッションは、「2020年の東京の交通課題を楽しく解決する」ことです。

    リアルタイム混雑情報の提供をメインに、
    「列車ロケーション情報」APIとの連携による、東京が生きているかのような表現や、
    ディープスポット紹介による、東京のより深い魅力を再発見する機能等の実装により、
    東京五輪開催に向けて増加する乗客の負荷分散を行いつつも、
    新しい東京の価値を提供するアプリを目指し、制作しました。

    ■アプリ機能説明
    アプリの機能は大きく3つあります。

    1,『TOKYOインスタレーション(メイン画面)』
    オープンデータの「列車ロケーション情報」を元に、現在走っている東京メトロの総車両数をメインビジュアルとして可視化し表示します。
    現在東京を走っている列車をイキイキと表現し、東京の現在の躍動を直感的に伝えます。
    ※プロジェクションマッピングやサイネージ等、リアルなイベントでの実施も可能となり、PASMO等を利用してインタラクティブなものへ拡張する事も出来ます。

    2,『リアルタイム混雑状況画面』
    オープンデータから現在の東京メトロ各駅単位の混雑情報を、ヒートマップで可視化します。
    画面は自動的に遷移し、眺めているだけで東京のどこに人が集まっているかが分かります。
    ※ver1.0ではオープンデータのみ対応していますが、
    PASMOタッチ機器等を組み合せる事で、駅構内でサイネージなどの大画面で表示も可能となっており、アプリを見られた数を反映する事で、よりリアルタイムな混雑情報やレコメンドをする事も可能になります。

    3,『レコメンドディープスポット』機能
    オープンデータと独自のデータを掛け合わせた「レコメンドディープスポット」機能では、メジャーなガイドブックでは得られない、より深く魅力的なスポット情報を発信し、メトロ沿線の郊外まで観光客を誘致する事が出来ます。

  • posted by: 一階武史
    Download_on_the_app_store_badge_us-uk_135x40

    つぎ、いつくる? ~東京メトロ版~

    つぎ、いつくる?とは

    「つぎ、いつくる? 〜東京メトロ版〜(略称:つぎくる)」は東京メトロの次にくる列車の種別・時刻・行き先を簡単に確認出来るアプリです。

    例えば駅のホーム。

    次の列車がいつくるか知りたいのに、近くに電光掲示板や時刻表がなかったり、電光掲示板はあってもメッセージが流れていて列車情報が表示されずで、次の列車がいつくるか分からないことがありますよね。

    また、次の列車は各停だけどその次は急行なので、実は一本待った方がいいということが分からないことがありますよね。

    例えば会社。

    外出や帰宅するのに、いつ作業を切り上げるのが一番良いかを確認するために、いちいち時刻表を確認するのが面倒だったりしますよね。

    例えば飲み会。

    気持ちよく飲んでいてそろそろかな?と駅に向かったら、次の列車が15分後で後一杯飲めたのに(>_<)なんてことがありますよね。

    そんな様々な煩わしさを解決してくれるのがこのアプリです。

    ・駅を3駅まで記憶可能なので、自宅・会社・よく遊びに行くところなどを予め登録可能

    ・登録した駅の運行情報と直近3本までの列車の情報をワンクリックで素早く確認

    ・登録した駅の駅情報や場所をワンクリックで素早く確認(iPhone5以降)

    このアプリで皆様の東京メトロライフが快適になればと思います。

    注意事項

    ※本アプリの祝日はGoogleカレンダーで定義されている祝日を利用しています。東京メトロが定める祝日とは異なる可能性があります。
    ※本アプリの利用により生じた、いかなる損害についても責任を負いません。

  • posted by: In THE net

    ■概要
    あなたの快適な新生活のスタートを手助けする、それが「メトレポ」です。

    メトレポは東京メトロ沿線で新生活を始めようとしている人に向けて作られました。
    新生活を始める場合、人それぞれに自分だけの「快適な新生活」があります。

    ・時間を無駄にしたくないので遅延しやすい駅を避けたい
    ・体が弱いので病院やドラッグストアが多い駅が良い
    ・アートが好きなので美術館に近い駅が良い など、様々です。

    東京メトロ沿線で自分の求める「快適な新生活」を送れるように少しでもサポートできればと、私達は考えました。

    ■メトレポの機能
    メトレポには大きく分けて2つの機能があります。

    1.メトロで暮らす
    東京メトロ沿線で「こんな新生活を送るならこの駅!」という形でメトレポが集積しているデータからおすすめの駅を掲載しています。

    各駅の特徴を要約として掲載する事で、その人がボンヤリと考えている「快適な新生活」を簡単なコンシェルジェ的にサポートをしよう。というコンテンツです。

    2.調べるメトロ
    各駅・各路線の遅延が発生する確率や、駅の近くにある施設の数等、
    駅・路線の特徴をグラフや数値で掲載しています。

    既に住む駅がある程度決まっている方に向けられたコンテンツです。
    その駅がどんな特徴を持った駅なのかを調べる事ができます。

    ※メトレポ内で使用しているデータは11月7日より取得を開始しています。

  • posted by: 110chang

    metloc(メトロック)は東京メトロAPIの列車ロケーション情報を一目で見渡せるように視覚化したウェブアプリケーションです。

    動作環境

    • mac: chrome
    • mac: safari
    • windows: IE10

    ※Firefoxでもご覧頂けますが、CPUの使用量が増える場合があります。
    ※審査におかれましてはmac版chromeの使用をお願いします。

    駅情報

    駅名と駅ナンバリングマークを確認することができます。路線図の駅部分をクリックすることで表示されます。

    列車ロケーション情報

    列車の現在地は凸型のマークで示され、出っ張りが進行方向を表します。

    詳細情報は、凸型のマークをクリックすることで表示されます。
    路線シンボルマーク、列車番号、運行種別、終着駅、方面、おおよその現在地を確認することができます。
    列車に遅延がある場合は添字で遅延時間(分)を表示します。フォントサイズが大きいほど遅延が大きいことを表し、5段階の大きさがあります。
    新しい列車が運行情報に追加されると、詳細情報をポップします。

    列車運行情報

    列車ロケーション情報を補完する情報として列車運行情報の一部をティッカーで表示します。
    路線シンボルマーク、路線名、該当路線の運転ステータスを確認することができます。

    その他の情報

    運行本数、最大の遅延時間を確認することができます。

    路線図について

    緯度経度によるプロットは都心部と周辺部で駅間の密度に差が出てしまいます。そこで、東京メトロのネットワークを駅(ノード)と路線(エッジ)のグラフとみなし、力学グラフによる密度の平均化を試みました。その結果をグリッドに吸着し、手動で駅間の見栄えの調整を加えています。

    ※情報の有効期限について
    一定期間、有効期限が期限切れの状態で返ってくる時間帯があり、再取得のループとなってしまうため、やむなく10秒後再取得としております。

  • What's "Ruby for Rails" ?

    "Ruby for Rails"は、鉄道利用者向けの総合的な情報提供システムです。

    どの鉄道事業者のWebサイトにもある、時刻表、駅施設情報、運賃情報などを、Ruby on Rails を用いて提供します。

    日本生まれの言語 Ruby が世界に飛び出て Ruby on Rails が誕生したように、鉄道大国・日本で生まれたシステムが世界各国の鉄道事業者で使われたらいいな…という期待(取らぬ狸の皮算用?)も込めて名付けました。

    今回は、東京メトロオープンデータコンテストにそのプロトタイプを作品として応募致します。

    マニュアル

    アプリケーションのURLを開き、画面左側の「開発ドキュメント・マニュアル」をご参照ください。

    機能

    現段階では、開発期間が限られていたこと、人員と技術(素人1人!)が限られていたことから、一般的な(悪く言えばありきたりな)運賃、時刻表、路線、駅施設情報と、それに付随した駅の乗降客数データの提供、駅情報に対するGoogle Mapしか反映させることができませんでした。

    ただ、今後開発を進め、ソースコードも公開することで、「Railに沿うように規約に則ってコーディングすれば簡単にWebサイトが作れる」というRuby on Railsの性質そのものを生かした鉄道事業者(あるいはバス事業者)のWebサイト構築に寄与することができると考えております。

    特に、ダイヤ改正、運賃改定、新線開業といった大きな動きにも対応しやすいという点でメリットがあるものと思われます。

  • posted by: hatalab
    En_app_rgb_wo_45

    「どこメトロ」は東京メトロの列車運行情報と列車位置情報を表示するためのシンプルなアプリです。

    東京メトロを便利に利用するにあたり、アプリはあくまで道具です。
    アプリはサッと起動し、必要な情報を得たらすぐに終了します。

    そのため、アプリを可能な限りシンプルにしました。

    指定するのは、ご利用の路線名と乗車駅名のみです。

    画面には以下の情報が表示されます。
    - 列車運行情報
    - 列車位置情報

    列車位置情報は、各列車の位置(駅、駅間の2種類)と行先、列車種別が表示されます。
    列車の位置を示す場所をタップすると、発車駅、方面名、終着駅等の詳細情報が表示されます。
    駅名をタップすると、直近の時刻表が表示されます。

    複数の路線をご利用の場合は、画面を左右にフリックすることで、新しいページで別の路線の情報をご確認いただけます。

  • posted by: 豊永 篤
    En_app_rgb_wo_45

    MetroWearは位置情報から自動的に最寄りの駅を検索し、直近の時刻表および運行状況を表示・通知してくれるアプリケーションです。
    また、最寄りの駅出入り口までのナビゲーションを実行することも可能です。
    Android Wearなど、Androidからの通知に対応するスマートウォッチやウェアラブルデバイスをお持ちであれば、時刻表を表示したり、端末側のMetroWearを起動することもできます。
    位置情報からのみでなく、アプリケーション内で直接駅名を指定して時刻表を確認することも可能です。
    位置情報の取得タイミングや精度は端末毎に異なるため、設定画面で表示条件をカスタマイズする事ができます。
    最適な設定を行い、よりスマートなアプリにしましょう。

  • posted by: bluedome
    Download_on_the_app_store_badge_us-uk_135x40

    メトロイマは東京メトロの各路線の「今」を知るためのアプリケーションです。

    以下の情報を分かりやすく提供します。

    • それぞれの路線の状況がどうなっているのか
    • 各路線の電車がどこにいるのか
    • 電車の遅延状況(5分以上の場合)
    • 電車ごとの時刻表の確認

    路線の運行情報に関しては、iOS8より利用可能になったTodayウィジェットに対応。
    アプリケーションを起動することなく、ノーティフィケーションセンタで路線の状況を確認できます。

    メトロイマを使って
    いつでもどこでも、あなたの手元で東京メトロの今をチェックしましょう。

  • posted by: イチイチ

    東京メトロを利用中、また、東京メトロの駅の付近にいる時、急にトイレに行きたくなった事、
    誰しも1度は経験しているのではないでしょうか。
    次の駅が改札内にトイレがあるなら降りたいけれど、ないならその次の駅まで我慢するか…
    なんて葛藤も、普段利用しない路線だとトイレ事情が分からず困る事もあるかと思います。

    そんな時はこの「ちかトイレくん」を使って、すかさず近くにある地下のトイレ事情をチェック!

    路線別に各駅のトイレ情報をチェックすることができるので、降りるタイミングを逃しません。
    また、ありがちなシチュエーションを7つピックアップし、すぐに検索できるようにしてあります。
    ベビーシートがある駅や、ベビーチェアがある駅を路線関係なく近い順で調べる事も出来るので、
    メトロの地下通路を移動中に子供がぐずってしまった時も安心です。

    よく利用する路線はお気に入りに登録する事ができ、TOPページで優先的に上部に表示することができます。
    通勤通学で利用している路線をお気に入りに登録しておけば、時間に追われている朝の駆け込みトイレもばっちりです。

    駅のトイレはトイレ用擬音装置がなくて、恥ずかしいからあまり入りたくない…という方のために、
    「ちかトイレくん」には流水音を再生する機能も搭載しています。
    TOPページのちかトイレくんの口をタップすると再生バーが表示され、そこから再生する事ができます。
    今まで水を流してカモフラージュしていた非エコライフともこれでおさらばです。

    SNSへの共有もボタンを用意しているので簡単にできます。お腹が弱い仲間へ是非教えてあげてください。

    真剣にトイレの事、考えてみました。「ちかトイレくん」は胃腸が弱いあなたの味方です!!

    ※本アプリはスマホからのみ閲覧可能です。PCからは閲覧できません。
    但しマニュアルのページは審査時にスマホからだと不便だと思いますのでPCからも閲覧できるようにしています。

  • posted by: 長尾有里子(うちのコもらって)
    En_app_rgb_wo_45

    メトロで会える 偶然のイルミネーション

    通常「イルミネーション」といえば、計算され尽くした機械仕掛けの電気信号ですが
    イルミdeメトロは、偶然と必然が生み出す奇跡のイルミネーションを体験できるAndroidアプリです。

    アプリを起動してお好みの路線を選択すると
    東京メトロの全域を奔走する全ての列車たちが、路線図の上に明滅する光となって現れます。
    列車の光をタッチすると、今そこにいる列車の列車番号・方面・行き先・遅延情報を見ることもできます。

    またメトロのイルミネーションは、1分ごとに自動で更新されます。
    刻一刻変化する、幻想的且つ、かつてない現実のイルミネーションをお楽しみください。

    ※マニュアルは画面右上のiマークをタッチすると表示されます。

  • posted by: 栗山 貴嗣
    En_app_rgb_wo_45

    東京動脈 Flow-in は地下鉄車窓アプリです。

    東京メトロ9路線の三次元線路に飛び込んで、
    列車からの立体地下風景をお楽しみいただけます。
    普段は見えないトンネルの向こうに思いを馳せてみましょう。

    列車位置は東京メトロ オープンデータ API の在線情報を取得することで
    遅延なども反映され、生きた地下鉄を伝えます。

    ※ 在線情報は約1分間隔で更新されるため、実際の位置とある程度ずれがあります。
    ※ ダイヤが大きく乱れた場合、在線情報が数分間提供されないことがあります。

    このアプリは Apache License version 2.0 の ライセンスで頒布されている成果物を含んでいます。
    http://www.apache.org/licenses/LICENSE-2.0

  • posted by: 中村 誉哉
    En_app_rgb_wo_45

    説明をほとんど必要としないアプリに仕上げました。
    直感的に操作できると思います。
    unityで開発したこともあり3Dを活かしました。
    お子さんから大人まで楽しめるアプリにしたつもりです。

  • posted by: シロクマソフトプロジェクト
    En_app_rgb_wo_45

    東京の地下鉄の情報を閲覧するためのアプリを作成しました。

    東京メトロ路線図の閲覧、
    東京メトロ全駅の時刻表
    バリアフリー情報の閲覧が可能です。

  • posted by: チームあさメトロ
    En_app_rgb_wo_45

    あさメトロ

    ~毎日の通勤・通学時間が、朝活時間に早がわり♪~

    「あさメトロ」とは?

    学生も、ビジネスパーソンも、メトロユーザーが毎日過ごしている時間、通勤・通学時間。
    『あさメトロ』は、そんな通勤・通学時間を、朝活時間に早変わりさせてしまうアプリです。

     

    「あさメトロ」のユーザーに提供したい価値・経験

    『あさメトロ』がユーザーに提供したいのは2点:

    • 「朝活は、カフェなどどこか場所を持って、みんなで集まってやるもの」という先入観を取り払うこと
    • そしてそのための「場」や「時間」として、メトロでの通勤・通学時間を有効活用し、その時間の充実、ひいてはキャリア・人生の充実を得ること

     

    「あさメトロ」で実現したいこと(想定している課題感)

    学生も、ビジネスパーソンも、メトロユーザーが毎日過ごしている時間、通勤・通学時間。

    しかし、その毎日の時間を有効活用できている、と思えている人はかなり少ないのではないかと思います
    (実際に、Googleで『通勤時間』と検索すると、2番目に出てくるキーワードが『無駄』です。)

    そして、その多くの人が「本当は有効活用したい」と思っていてもなかなか実現できていません。

    私たちはその「通勤=無駄」に注目し、ユーザーに対しては上記の価値・経験を提供する、またそれを通じて、メトロに対しては、ユーザーがメトロを好きになってもらいたいと考えています。

     

    「あさメトロ」の使い方

    「あさメトロ」の使い方は至ってシンプルです。

    • ユーザーが「あさメトロ」上で、自分の「乗車駅」と「降車駅」を選択
    • アプリが乗車時間を自動算出し、の時間を最適化する朝活コンテンツを自動的にレコメンド
      ※レコメンドされるコンテンツは、初期設定では「英会話」となっていますが、好きなものに変更が可能です。

     

    「あさメトロ」活用にあたっての留意事項

    • 本アプリの利用に際して、料金は発生しません。
    • 本アプリは、Android端末を対象としたアプリです。
    • 表示される時刻表表示は遅延等のリアルタイム情報を考慮したものではありません。