投稿アプリケーション Open Geographic Instruction Queue Visualizing Overlay

アプリケーション名
Open Geographic Instruction Queue Visualizing Overlay
アプリケーション制作者
Open Geographic Instruction Queue Visualizing Overlay
スクリーンショット
Big_thumb_20141117105429716
Big_thumb_20141117105429716
Big_thumb_20141117105429716
Big_thumb_20141117105429716
Big_thumb_20141117105429716
アプリケーション紹介動画(youtube)
アプリケーションの説明

Open Geographic Instruction Queue Visualizing Overlayは、列車の位置を地図上に表示するアプリです。
他の地図アプリと同様、地図をドラッグして移動できます。拡大・縮小もできます。
時間の逆再生・停止・早送り・巻き戻しもできます。

列車は車両単位で位置を計算し、地図上に描画します。
列車の位置を表示するアプリはたくさんありますが、車両の位置まで細かく描画できるシステムはOpen Geographic Instruction Queue Visualizing Overlayだけです。

表示する地下鉄は時刻表を守るように、線路上を加速・減速しながら移動します。
線路はベジエ曲線を連結したものを用意しました。
走行する様子は、実際の地下鉄が走行する様子に限りなく近い状態になっているはずです。

これを使えば、乗りたい列車がどこに停まり、どう動くかを事前に確認できるので、地下鉄移動のリハーサルができます。
列車の位置を表示するアプリはたくさんありますが、列車が左側を通行していることを表現できるシステムはOpen Geographic Instruction Queue Visualizing Overlayだけです。
慣れない地で東京の地下鉄に乗る方…特に左側通行に慣れておらず、土地勘がない外国からの観光客にとって、この表示は大いに役に立つことでしょう。

応募時点では銀座線と丸ノ内線しかありません。他の路線についてはコンテスト終了までにデータを用意し、終了直後に追加する予定です。

注意: このアプリの実行にはGoogle Chrome 36以上が必要です。他のWebブラウザには対応しておりません。
ご利用のネットワークがWebSocketに対応していない場合、動作が遅くなることがあります。

アプリケーション公開URL
マニュアルURL