投稿アプリケーション メトロ非常事態課

アプリケーション名
メトロ非常事態課
アプリケーション制作者
66a26622
スクリーンショット
Big_thumb_20141108100842700
Big_thumb_20141108100842700
Big_thumb_20141108100842701
Big_thumb_20141108100842701
Big_thumb_20141108100842701
アプリケーション紹介動画(youtube)
アプリケーションの説明

東京メトロの架空の部署、非常事態課。それは非常事態が発生したときに活動する専門家集団です。

定時運行を至上命題とする鉄道事業者にとっての非常事態とは、もちろん電車の遅延です。電車の一分一秒の遅れが日本経済に与える影響は計り知れません。遅延の発生そのものを未然に防止することも重要ではありますが、発生してしまった場合にそれを速やかに報告し、利用者に正確で詳細な情報を与えることで適切な対応を取れるようにすることはより重要です。
メトロ非常事態課は電車遅延や運行状況の変更など、平時とは違う事態が発生したとき、利用者の携帯情報端末にこれを表示することで注意を促すアプリです。

運行情報そのものは東京メトロのホームページにも掲載されていますし、各種アプリからも取得できます。また、アプリ側から利用者に対して通知が行なわれるものも現に存在します。しかしながら、それらのアプリには電車ごとの遅延情報は含まれていません。メトロ非常事態課は運行情報の他に列車ロケーション情報も使用し、両者をまとめた情報を提供します。
運行情報は15分以上の遅延がなければ発表されません。逆に状況が改善されたときなど遅延がなくても発表されることがあります。これに対して列車ロケーション情報では5分以上の遅延は全て分かりますので、運行情報がない場合でも遅延の確認ができます(遅延がないときはないことが確認できます)。

アプリケーション公開URL
En_app_rgb_wo_45