投稿アプリケーション 地下鉄トップシークレット

アプリケーション名
地下鉄トップシークレット
アプリケーション制作者
incomesoft.net
スクリーンショット
Big_thumb_20141113032721523
Big_thumb_20141113033207007
Big_thumb_20141113033207007
Big_thumb_20141113033207008
Big_thumb_20141113033207008
アプリケーション紹介動画(youtube)
アプリケーションの説明

(概要と操作)
東京の地下鉄でwifiが使えるようになった。毎朝、通勤で地下鉄に同じ時間に乗っていた。
20周年記念の東京メトロのオープンデータコンテストを車内で発見した。
混雑していて、座席のつり革をもって立つ位置によって、どこかの駅で目の前の座っている人が下車して、途中から座れることもあるが、目的の駅まで座れないことが多い。
座れる確率を上げるために、簡単にメモするアプリを作成した。
これは、私にとって地下鉄で通勤するときのトップシークレットの情報だ。
(アプリ機能)
①地下鉄座席の空席をアイコンと文字で記録する機能
②東京メトロの運行状況をタイムリーに確認する機能
③ダウンロードした東京メトロの路線図を壁紙表示する機能
(①と②の操作)
アプリバーから人顔アイコンをタップして、車内へ移動する。そして下車した人の席にアイコンをドラグアンドドロップで移動する。四角い水色アイコンがドアだ。ドアも人顔アイコンと同様に操作できる。数値がドア番号を示す。配置する順番で、車両内の席の位置も記録できる。4ドアまで対応可能だ。ドアの番号順序で進行方向も記録できる。どちらのアイコンもダブルタップするとアプリバーへ戻せる。窓アイコンはクリックするとトップシークレット情報がフライアウト表示できる。戻るボタンでファイアウトは閉じることができる。詳細情報をメモするためにチャームをWindows key + I で開く(settings)。チェックボックスをオンしてオリジナルのメッセージを利用することも、外して、オリジナルの情報を書き込み保存することができる。参照方法は上掲のとおり。
(③路線図表示機能の操作)
・ボトムアプリバーで壁紙の切り替えが可能。
・東京メトロの路線図を壁紙で確認できる。東京メトロのサイトからダウンロードが必要。
http://www.tokyometro.jp/index.html からダウンロードした路線図を表示できる。
(その他)
・人を車内からはみ出さないように配置してください。車両が変形します。
・消火器には触らないでください。消火器を誤って消してしまった場合は、上部アプリから再配置できます。車両が変形します。
・車両の形が変形した場合は、アイコンの位置を変更してください。
・東京メトロの運行状況は保存されませんので、Infomationボタンを押して、最新の情報を利用してください。

アプリケーション公開URL
Windowsstore_badge_en_english_black_small_154x40