投稿アプリケーション いまどこ?

アプリケーション名
いまどこ?
アプリケーション制作者
日向 慧
スクリーンショット
Big_thumb_20141116064014894
Big_thumb_20141116064014894
Big_thumb_20141116064014895
Big_thumb_20141116064138053
Big_thumb_20141116064138053
アプリケーション紹介動画(youtube)
アプリケーションの説明

アプリの概要

東京メトロの各路線の電車がいまどこにいるかが分かるアプリです。
運行状況や駅への到着時刻を見たり、SNSで共有したりもできます。

アプリの説明

  • トップ画面には各路線の運行状況が表示されています。
  • 画面左上の「説明」ボタンからマニュアルを見ることができます。
  • 電車がどこにいるか知りたい路線を選択します。
  • 各路線の画面では、その路線の駅のリストが表示されています。
  • 電車の位置は駅名の横の丸や矢印で表現されています。
  • リスト上方向への電車が左側、リスト下方向への電車が右側です。
  • 「●」はその駅にいる状態、「⇡⇣」は次の駅へ向かっている状態です。
  • 丸や矢印を選択すると、その電車の情報と遅延情報(遅延発生時のみ)とメニューが表示されます。
  • 「この電車を追跡する」を選択すると、その電車が赤く表示されます。 * データが更新され位置が変わっても分かりやすくなります。
  • 「この電車の情報を共有する」を選択すると共有先の選択肢が表示されます。
  • 共有先を選択するとそれぞれの投稿画面になります。
  • リストの駅は選択することができます。選択状態で再度選択すると解除されます。
  • 駅を選択した状態で電車を表す丸や矢印を選択すると、その駅にいつ頃電車がくるかという項目がメニューに追加されます。
  • 追加された「○○駅:XX:XX」を選択すると時間の共有先の選択肢が表示されます。
  • 共有先を選択するとそれぞれの投稿画面になります。

アプリの使用例

  • 電光掲示板にはまだ表示されない電車の時間や、位置情報を知ることができます。

  • 乗る電車をSNSで送信し、送られた側は列車番号の電車を追跡することで、今どの辺りまで近づいているのか知らせることができます。

  • 路線の運行状況では平常扱いされる15分未満の遅延を電車情報では取得できるため、SNSで伝えておけば遅刻しても怒られないかもしれません。

動作確認した環境

iPhone 5s(iOS 8.1)

アプリケーション公開URL
Download_on_the_app_store_badge_us-uk_135x40
マニュアルURL