投稿アプリケーション Ruby for Rails - Ruby on Rails によるリアルタイムな鉄道総合Webアプリケーション

アプリケーション名
Ruby for Rails - Ruby on Rails によるリアルタイムな鉄道総合Webアプリケーション
アプリケーション制作者
藤田 周(個人)
スクリーンショット
Big thumb 20141117135634678
Big thumb 20141117135634678
Big thumb 20141117135634678
Big thumb 20141117135634678
Big thumb 20141117135634678
アプリケーション紹介動画(youtube)
アプリケーションの説明

What's "Ruby for Rails" ?

"Ruby for Rails"は、鉄道利用者向けの総合的な情報提供システムです。

どの鉄道事業者のWebサイトにもある、時刻表、駅施設情報、運賃情報などを、Ruby on Rails を用いて提供します。

日本生まれの言語 Ruby が世界に飛び出て Ruby on Rails が誕生したように、鉄道大国・日本で生まれたシステムが世界各国の鉄道事業者で使われたらいいな…という期待(取らぬ狸の皮算用?)も込めて名付けました。

今回は、東京メトロオープンデータコンテストにそのプロトタイプを作品として応募致します。

マニュアル

アプリケーションのURLを開き、画面左側の「開発ドキュメント・マニュアル」をご参照ください。

機能

現段階では、開発期間が限られていたこと、人員と技術(素人1人!)が限られていたことから、一般的な(悪く言えばありきたりな)運賃、時刻表、路線、駅施設情報と、それに付随した駅の乗降客数データの提供、駅情報に対するGoogle Mapしか反映させることができませんでした。

ただ、今後開発を進め、ソースコードも公開することで、「Railに沿うように規約に則ってコーディングすれば簡単にWebサイトが作れる」というRuby on Railsの性質そのものを生かした鉄道事業者(あるいはバス事業者)のWebサイト構築に寄与することができると考えております。

特に、ダイヤ改正、運賃改定、新線開業といった大きな動きにも対応しやすいという点でメリットがあるものと思われます。

アプリケーション公開URL
マニュアルURL